■企画立案&商品提案  ■広報宣伝&情報編集  ■会議運営&組織運営  ■Webコンテンツ活用  ■ビジネスデータ活用

情報を見える化し、論理的に新しいアイデアを描きだし、時系列のシナリオを組み立てる!
 
ビジネス編集力を通じて情報共有化と活性化を実現。


★ 発想力・問題解決力を鍛える3つの(現場の判断に応用できる)思考モデル

音楽プロデューサーの秋元康氏は「ヒットの秘訣」について、 「市場調査はやらない。大勢の子供たちが人気のドッジボールに熱中しているそばで・・・・ つづきはこちら



スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.02.23 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク



    ネット通販印刷はこんなにお得!両面カラー印刷が3000円以内

    0

      30年前に12万円、今は3000円。

      これは、A4カラー両面印刷料金のことです。
      ネット印刷料金を見ると、両面カラー印刷が3000円を割り込んでいます。

      一方、地元印刷会社で同じ案件を印刷すると、おそらく3万円〜5万円という見積もりでしょう。
      それでも、10分の1以下です。

      なぜ、ネット印刷は安いのか?
      断っておきますが、品質は同じです。もっと極端な言い方をすれば、

      A市の専門店が、地元A市の印刷会社に見積もりを依頼すると「5万円」で出てきたとしましょう。
      A市の専門店は、ネット印刷で明快な料金表を見ると「3000円」で表示されています。

      ワードでチラシデータを用意していたA市の専門店は、ネットで発注しました。
      すると、ネット印刷はどう処理するのでしょうか。

      ここが大きなポイントです。

      地元A市の印刷会社に、下請け発注をします。おそらく、10%から20%の手数料を取って。
      すると、A市の印刷会社は「2400円から2700円」で印刷をして発送するのです。

      専門店が注文すると5万円の印刷が、ネット印刷会社から受注すると3000円以内で印刷しているのです。

      つまり、直接依頼する料金の20分の1の料金で印刷をしていることになります。

      このからくりは「印刷量」にあるのですが、印刷を依頼する側は、
      同じ品質の印刷物が20分の1になるのですから、ネット印刷が得であることは間違いありません。

      ただ1つ問題は、データのデザインです。ただ、デザインで売れ行きが左右するのは、
      知名度が高い一流企業の場合です。
      小さな専門店は、商品と情熱の伝え方が大きいので、デザインは大した影響はありません。
      ネット印刷、おそるべしです。泣いているのは、印刷会社だけなのです。






      links

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR