■企画立案&商品提案  ■広報宣伝&情報編集  ■会議運営&組織運営  ■Webコンテンツ活用  ■ビジネスデータ活用

情報を見える化し、論理的に新しいアイデアを描きだし、時系列のシナリオを組み立てる!
 
ビジネス編集力を通じて情報共有化と活性化を実現。

論理的思考力の鍛え方
★ 発想力・問題解決力を鍛える3つの(現場の判断に応用できる)思考モデル

音楽プロデューサーの秋元康氏は「ヒットの秘訣」について、 「市場調査はやらない。大勢の子供たちが人気のドッジボールに熱中しているそばで・・・・ つづきはこちら



ネット通販印刷はこんなにお得!両面カラー印刷が3000円以内

0

    30年前に12万円、今は3000円。

    これは、A4カラー両面印刷料金のことです。
    ネット印刷料金を見ると、両面カラー印刷が3000円を割り込んでいます。

    一方、地元印刷会社で同じ案件を印刷すると、おそらく3万円〜5万円という見積もりでしょう。
    それでも、10分の1以下です。

    なぜ、ネット印刷は安いのか?
    断っておきますが、品質は同じです。もっと極端な言い方をすれば、

    A市の専門店が、地元A市の印刷会社に見積もりを依頼すると「5万円」で出てきたとしましょう。
    A市の専門店は、ネット印刷で明快な料金表を見ると「3000円」で表示されています。

    ワードでチラシデータを用意していたA市の専門店は、ネットで発注しました。
    すると、ネット印刷はどう処理するのでしょうか。

    ここが大きなポイントです。

    地元A市の印刷会社に、下請け発注をします。おそらく、10%から20%の手数料を取って。
    すると、A市の印刷会社は「2400円から2700円」で印刷をして発送するのです。

    専門店が注文すると5万円の印刷が、ネット印刷会社から受注すると3000円以内で印刷しているのです。

    つまり、直接依頼する料金の20分の1の料金で印刷をしていることになります。

    このからくりは「印刷量」にあるのですが、印刷を依頼する側は、
    同じ品質の印刷物が20分の1になるのですから、ネット印刷が得であることは間違いありません。

    ただ1つ問題は、データのデザインです。ただ、デザインで売れ行きが左右するのは、
    知名度が高い一流企業の場合です。
    小さな専門店は、商品と情熱の伝え方が大きいので、デザインは大した影響はありません。
    ネット印刷、おそるべしです。泣いているのは、印刷会社だけなのです。




    飛び込み営業で話を聞いてもらえるのは3%

    0

      NHKラジオの投稿で、飛び込み営業マンの方が「100軒訪問して、話を聞いてもらえるのは3件」と言っていました。

      まさに、尊敬すべき営業活動です。個人宅への営業活動は、とても大変です。

      これが、対企業なら、ある程度契約すれば既存の取引先を訪問すればなんとか数字は作れるから楽なものです。

       

      本当に、営業活動というのは難しいものだと思います。





      大人の思考空間めるまが 宇宙の果てはどうなっているの? こちらで紹介

      メルマガ購読・解除
       


      links

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR